2010年06月25日

瓶花(かたむける形)

しつこく瓶花連続4回目。

きっと、もうそろそろ「どうしたら思ったように留まるのか!」
全く分からなくなってきた頃と思います(笑)

瓶花の留めはもちろん基本の留め方を習得するのが第一ですが
花材の重さ、硬さなどの性質を手が判断して
留め方を決めます。私もなんとなくわかりかけてはいると思えども
精度を高めていかなければ 思うようなお花はいけられないです。

私が瓶花を一人でなんとか仕上げまで持ってこられる
ようになるには 2年かかりました。

でも、2年辛抱して勉強したら 魔法のように投げ入れが
できるようになるなんて我慢のし甲斐があると思いませんか?


IMG_0167.jpg

側面↓
IMG_0168.jpg

花材:台湾高山のツツジ(苔むしてます)、菊
posted by リサさん at 22:18| 台北 ☔| Comment(0) | 台中いけばな教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。